脊柱管狭窄症で痛みを知る【専門医に頼って痛みを取り除こう】

女性

中高年だけの病気ではない

女性

頸椎椎間板ヘルニアは、おもに中高年の方が発症しやすいといわれています。それは加齢による、椎間板の老化や骨の老化が原因となっているからです。しかし、若年層でも発症します。それは頸椎に負担を長時間かける仕事やスポーツを行った場合といわれています。

Read More...

椎間板ヘルニアの症状

女性と男性

大阪では優秀な専門医院が多いためか椎間板ヘルニアの治療を地方から訪れる方が多いようです。日常生活にも支障をきたしてしまう可能性もある症状を伴うので積極的に治療を行なって健康な状態に戻していきましょう。

Read More...

好発する理由と鍼灸の効果

男性

頚椎椎間板ヘルニアが好発する中年世代は、老化が始まっていますが活発です。こうした特徴があるために、中年世代では、頚椎椎間板ヘルニアが好発するのです。そこで昔からよく利用されているのが、鍼灸治療になります。鍼灸治療は、頚椎椎間板ヘルニアに対する鎮痛効果が、とても優れている治療法です。

Read More...

脊柱に関するトラブル

女性

脊柱管狭窄症と言う病気は脊椎の中央に位置している脊柱管が狭くなってしまうことによって発生していて、神経圧迫によって引き起こされる痛みや痺れなどの症状を伴う病気となっています。筋力の衰えや軟骨及び骨の変形しやすい高齢者の方がなりやすい後天性の病気です。人間の中心にある脊椎に原因が発生するので首や腰周りなどに主な異常が発生してくる様です。首周りの場合は筋肉のコリや腕がしびれるなどの異常が発生してきます。また、腰回りの場合は歩行に関係してくる場合もあるので非常に厄介な症状となってきます。脊柱管内部の圧迫が悪化してしあうと間欠跛行などを引き起こして歩行も困難になってしまうこともあるので首周りのコリや痺れ、足の痛みや痺れを感じたら専門の医師に相談することが大切になってきます。主な治療方法としては鎮痛剤や筋肉の緊張を緩める薬などを使用する薬物治療や温熱療法や腰椎牽引などの患部に直接物理的な治療を施す理学療法などが主な治療法となっていますが、圧迫が酷い場合は局所麻酔を行なって痛みを取り除く神経ブロック注射などが行なわれます。また、手術を行なう体力や気力がある場合は手術によって手術療法で脊柱管を広げる手術を行なって根本的な治療を行なっていきます。症状が軽い場合は医師の指導に従って自宅でも簡単に行なえるストレッチなどを行なって症状の改善に努めましょう。この様な脊柱に関する場合は普段の姿勢などによっても症状が悪化してしまう可能性があるので注意する必要があります。